新築or中古

不動産選びの手順





   新築or中古

不動産を購入するにあたり、新築か中古にするかも悩むところだと思います。ここでも
マンションと一戸建てでの、新築or中古のメリット、デメリットを紹介しますので
参考にして下さい。

MENU メリット デメリット
新築一戸建て
建て替えができる

ライフスタイルに合わせて建て
替えをすることができます。将来
両親との同居を考えている方
は戸建て住宅をお勧め。

駐車場代を省くことができる
駐車スペースや車庫付きの新築
一戸建て住宅の場合、毎月の
駐車場代を省くことができます。

維持費を省くことができる
マンションの場合、エレベーター
や廊下などの共有部分の
維持費や修繕費を毎月支払わな
ければなりません。
一方、新築一戸建て住宅は
共有部分がありませんので
当たり前ですが維持費や修繕費を
支払う必要がありません。

通気性が高い
マンションと比べると通気性が
良いことが多いので、カビが発生
しにくいと言えます。


高額
新築一戸建て住宅とマンション
を比 較した場合、新築一戸建
て住宅の方が高額な傾向に
あります。

管理
マンションでは管理組合が
やってくれていた周辺の掃除
や電球の交換など戸建て住宅
の場合は自分でやらなければ
なりません。
中古一戸建て
低価格
なんと言っても、低価格で
一戸建て住宅を購入できる
ことが1番のメリットで す。
マンションと比較しても、
中古一戸建て住宅の方が低価格
であることが多いです。

建て替えができる
これは新築一戸建て
住宅と同じことが言えますが、
ライフスタイルに合わせて自由に
建て替えをすることができます。
そして建て替えをすることで、
“中古”で はなくなり“新築”
として生まれ変わります。



傷んでいる可能性がある
やはり中古住宅ですから
傷んでいる箇所が
ないとは言い切れません。
そのため中古
一戸建て住宅を購入
する際には、傷んでいる
箇所があるかどうか
念入りに調べるように
しましょう。素人では
判断が難しい基礎や柱
などの部分に関しては
建築士に調査依頼
することをお勧めします。

住宅ローン控除を
 受けることができない

木造の耐火建築物で
かつ築年数が20年
以内の中古住宅以外は残念
ながら住宅ローン控除の
適用外となってしまいます。
また生計を共にする方から
取得した場合も
住宅ローン控除の適用外
となってしまいます。

新築マンション


きれい
何といっても新しいこと。真新しい家は
気持ちがいいものです。

設備
防音効果など最新設備がしっかり
している。最近では床暖房完備のところ
も多い。

管理費などが安い
管理費・修繕積立金が安い。築浅の
ため築年数に比例する修繕積立金が
安いというメリットがあります。

近隣と仲良くなりやすい
同じ位の所得層の住民が住んでいる
可能性が高い。同じような価格帯の
マンションの住民は隣の人も同じような
生活水準という場合も多く、気が合い
やすいかもしれません。



高額
高い。これはもちろん新築
なので仕方がない
デメリットです。

将来的な価値
将来的に価値があるか
わからない。中古
マンションと同じで値崩れ
の心配はつきも
のです。地震で住めなく
なった場合、資産
価値が0円になって
しまった例もあります。

騒音トラブル
騒音トラブルが起こり
やすい。新築の場合
購入後に隣人が騒が
しいからといって売却
することもできないので
騒音問題が深刻に
なっているケースもあります。

中古マンション
低価格
比較的安価であること。価格は築年数
にもよりますが、都心近くでも
1000万円台の物件もあります。

ご近所さんが安心
近所の住民の家族構成などがわかる。
新築マンションではふたを開けるまでは
近所にどういう人が住むのかわからない
ということが多いですが、中古マンション
の場合、既に住民が住んでいるため
不動産屋に聞けば上下左右の住民
について教えてくれます。

運が良ければお買い得?!

中古マンションは値崩れを起こす場合
があり、売る側にとってはデメリットでも
買う側にはメリットになり得ます。
品質のよいマンションでも、急いで
売りたい場合などに値崩れを起こすこと
があり、運がよければこういった
お買得品を購入することができます。

管理費などが高い
管理費、修繕積立金が
高いということ。
買い値としては安い分
修繕積立金は
築年数と共に増加して
いきます。増加しない
マンションは逆に危ない
といえます。

しっかりした管理組合か?
しっかりした管理組合で
あるかを調べないと
修繕積立金が充分に
たまっていないことが
あります。その際マンション
にヒビが入ったなど
ということになると、一世帯
当たり100万円単位
の負担などといわれる
ケースもあるようです。

将来的な価値
新築マンションにも同じ事
がいえますが
数十年後に価値があるか
わかりません。
売り急いでいる人が安価
で売ってしまえば
実績ができて値崩れ
することがあります。

傷んでいる可能性がある
防音効果の欠如やカビ問題
水周りなどで
問題がでやすいです。
やはり中古というだけ
あって覚悟しておく必要が
あります。


注目サイト

 


別荘特集

物件選びのポイント1

物件選びのポイント2

コンサルティング

マンションor一戸建て

新築or中古









Copyright (C) 2008 不動産選びの手順  All Rights Reserved